過活動膀胱に対する「ボトックス®️(ボツリヌス毒素)膀胱壁内注入療法」開始のお知らせ

2020年4月より保険適応となった新しい治療法です。ボトックスを膀胱壁内に注射することで筋弛緩作用を示し、過活動膀胱による様々な症状(尿意切迫感、頻尿、尿失禁)を改善するといわれています。治療後、2~3日で効果が現れ、通常は4~8か月効果が持続します。のみぐすりで症状が改善しない方がボトックス治療の適応になります。通院でできる治療法ですので、治療をご希望の方はご相談ください。費用は3割負担の方で6万円程度必要になります。※男性はボトックス治療前に、尿道に狭いところがないか確認するために内視鏡検査が必要になります。この内視鏡検査時の痛みが強い場合は、治療時に麻酔が必要になり、通院での治療は困難となりますので近隣の病院を紹介させて頂きます。